RF241 コロ《タンデムチェンバーBH》
 
 
  '10年stereo誌7月号の付録キットP650という小型ユニットを使った、stereo誌コンテスト出場機。0.75というQ0はBHには向かないが、不対面2連空気室と逆ホーンスロートで対応。21c屬旅いスロート入り口を、中・高域が進入しにくい方向に作り、すぐに15c屬帽覆襦△さび形のスロートを採用。これを空気室を二分するような位置に置く。右下がりだが、豊かで質の良い低音は40Hzまでしっかりと再生し、雄大な音場を形成する。