本文へスキップ
自治会(町内会)?


自治会(町内会)ってなに?

自治会(町内会)の歴史から学ぶ
歴史
太古の昔から人は,集団生活を営んできました。それは,孤立して生活するよりも集団でお互いに協力して生活する方が食糧の生産や外敵の防衛にも良かったからで,自然に会得した知恵でした。

そうして至るところで集落ができ,それらが集まって村落となり一つの町や国が出来上がってきましたが,その形成過程のなかにおいて,一般住民は国の形成基盤をなしている住民自治組織を形成し,相互扶助の利点を生かして生活自衛の努力を払ってきました。
明治大正ともなると,経済の拡大,社会問題の激化にともない国策の徹底を図るために行政補助団体として,町内会は行政の末端組織として整備されていきました。
福山市においても,大正6年(1917年)に「福山市協同組合設置準則」が制定され,翌年には市内全域にわたって協同組合(町内会)が設立され全戸加盟が義務づけられた公共事業の賛助組織として位置づけられました。

昭和15年(1940年)には,国が発令した「部落会町内会等整備要領」により町内会はいっそう本来の自治集団としての性格は薄められ,もっぱら国策遂行のための政府機関の下部組織として役割を担うこととなりました。 戦後,昭和22年(1947年)5月政令により町内会などの自治組織はすべて解散させられましたが,日々の生活を維持し身の安全を守るためには,身近な人々の相互協力が不可欠であったことや行政としても住民の協力を求めざるを得なかったなどの理由より,厳しい罰則のついた政令下にもかかわらず,解散後3ヶ月以内に8割近くが名目のみを変えて再建されました。

福山市においても,町内会が自主的に組織されはじめており,昭和45年(1970年),当時の市長が連合組織の結成を示唆し,その後の協議の末,昭和46年(1971年)1月25日「福山市町内会連合会連絡協議会」(後の「福山市自治会連合会」)が結成されています。

このように,困難な時代にも支持された住民組織は,時代がどのように変わっても,日本の地域社会においては,他の組織によって代替することのできない重要な役割を担っていくものと考えられています。
見直される自治会(町内会)と必要性
戦後の厳しい時代を乗り越え,高度経済成長期からバブル期を経て現在に至るまで社会情勢は大きく変化しました。そしてその変化は,人々の価値観を多様化させ,「家」を単位とした地域的つながりから「個人」を単位としたつながりへと市民意識を大きく変化させました。また,人口の急増と生活圏の拡大,物質的な豊かさによって,地域の連帯感や人間関係が希薄になり,自治会の活動に無関心な世帯が増えてきたことも否定できません。しかしながら,今日,阪神淡路大震災での自治会の果たした役割などから,自治会が見直されてきており,また,近年の少子高齢社会に伴う地域福祉の向上や行政との協働のまちづくりの推進のためにその必要性は確実に増大しています。
自治会(町内会)と行政の関係
 確かに,一時行政の下部組織に位置づけられたことから,いまだに自治会(町内会)は行政の下請け組織であるという考え方も一部には残っています。しかし,その時勢に応じて幾度か,その性格の変ぼうを余儀なくされる時もあったにもかかわらず,住民自治組織は自然発生的に復活してきた歴史を振り返ってみると,行政と対等な立場にある自主的住民自治組織であるということは明らかであると言え,これからのまちづくりを考えるうえで,自治会と行政との協力関係は必要不可欠なものであるといえます。
自治会(町内会)の果たす役割
 自治会には,一定の区域を単位として,その地域に住む住民同士が助け合い協力しあって,住みよい地域社会を創っていくという目的があります。その目的を果たすために,区域内での生活上の諸問題や防犯灯などの身近な環境の整備・管理,あるいは,公園や区域内の清掃・美化,防災・防犯活動,さらには,夏まつりや運動会,敬老会,新年会など,地域の人々との交流,相互扶助,親睦行事などの活動を行っていますが,人と人のふれあいや地域の連帯感高揚は,行政が主体となって築かれるものではなく,こうした生活環境の整備活動や諸行事によって築かれるものであり,真に住みよいまちづくりを築くために,自治会の果たす役割は大きいといえるのです。
地縁団体とは?
 自治会・町内会といった名称が一般的ですが,このような団体の呼び名は様々であり,統一して呼ぶ場合には「地縁団体」あるいは「地縁による団体」という使い方をしています。町内会と自治会のどちらの名称を用いるかは任意によるものであるため,福山市では,名称が地域によってまちまちでしたが,「地縁による団体」の本来あるべき姿に立ち返り自らのことは自らでという基本的な考えにのっとり,平成17年(2005年)年6月に「福山市町内会連合会」が「福山市自治会連合会」へ名称変更したことから,ここ数年では,自治会へと名称に統一していく傾向にあります。



自治会(町内会)の取り組みの例
扶助活動…敬老祝,葬儀等の慶弔活動

社会福祉活動…赤い羽根募金,歳末たすけあい運動等の募金活動

防犯灯の維持管理…住民の夜間における通行の安全と犯罪防止を目的とした防犯灯の設置および維持・管理

研修活動…役員・会員を対象とした研修,各種研修会などの開催

親睦活動…夏まつり,運動会,文化祭,餅つき大会

環境美化運動…地域の清掃,公園清掃,生活排水対策への取り組み

資源回収活動への取り組み…ゴミの資源化・減量化を図るため,空きビン・空きカンの回収

防犯活動…夜間パトロールや防犯講習会の開催

広報活動…自治会報等の回覧・掲示

行政への陳情,要請…市政懇談会他




望ましい自治会のあり方

1993年(平成5年)10月 基本理念を作成
1 はじめに
福山市自治会連合会では,今後の民主的な自治会(町内会)のあり方等を参考にするため,1991年(平成3年)実態調査を実施しました。実態調査を集約するなかで,改善を必要とする課題も見受けられます。たとえば,自治会(町内会)の規模に極端な格差があったり,あるいは会則(規約)が制定されていない,また自治会(町内会),組(班)の地域が入り組む等,実際 の居住している地域とは別の自治会(町内会)・組(班)に加入している,組(班)とは別に講が存在しているなど長年の地域の風習・慣習等によって自治会(町内会)の運営・活動が行われ,私たちの最も大切な生活の中での心のふれあいなどを妨げている実態も見受けられます。
このため,住みよい民主的な明るい地域社会の実現を目指し,住民一人ひとりの心のふれあいと連帯意識を培うのが町内会です。
2 目的
自治会(町内会)は,一定の区域に住所を有するという「つながり」に基づいて組織され,地域住民相互の親睦を図り,住民一人ひとりの人権が尊重され,連帯意識の中で心のふれあう豊かで明るく住みよい地域社会づくり及び協同して地域の諸課題解決へ向けての活動を行うことを目的としています。
3 組織
自治会(町内会)は,住民による住民のための活動でなければならず,その活動が行われるためには会則(規約)を基本に民主的な組織であることが必須の要件です。

4 区域
自治会(町内会)は,「地縁による団体」として地域的な共同活動を行っている団体です。
このため,道路,河川,水路,並木等をもとに,自然な形での区域を定めることが最も理想的です。
また,自治会(町内会)はまちの発展と共に形成されるものであり,その後の道路網の整備等により地域が新たに分断されている自治会(町内会)もあろうかと考えます。このため自治会(町内会)が望ましい姿になっているか考える必要もあります。
5 規模
 自治会(町内会)の構成世帯については,地域性もありますが数世帯から1,000に近い世帯とばらつきがあります。
自治会(町内会)は地域生活の中で,住民相互のコミュニケーションのもとで全員参加での活動ができ,また地域子ども会等の他の団体においても独自の活動ができ,コミュニティ活動がより図られることが大切です。規模が大きければ会員(各戸)への連絡・周知・コミュニケーション等が円滑に行えなくなり,会員に不信感を与えることにもつながります。町内会や組内を分けて、100世帯から200世帯が日常的に地域全体のコミュニティが図られ,まとまりやすくまとめやすい世帯といえます。
また,組(班)についても,10世帯〜30世帯が日常生活の中で直接顔を合わせ交流しうる範囲と言えるでしょう
6 構成
(会員)自治会(町内会)は,地域住民の日常生活にきわめて密接な機能をもっており,そこに居住する全員に深くかかわりがあります。従って区域全所帯で構成することが基本です。区域内の未加入世帯については,加入を強制するのではなく,自治会(町内会)の意義等を根気強く説明するなど加入の誘いをし続けることが必要です。また区域内に居住する人の加入を拒むことのないようにしてください。会員の名簿の作成にあったては,お互いの人権を尊重し,プライバシーの保護の観点を十分留意して,活動に不必要で,人権を侵すおそれのある項目を設けることのないようにするとともに、取扱は十分注意しています。

7 運営
自治会(町内会)活動は民主的に運営されるものです。会則に従い民主的な運営のもとに活動しているものです。
8 役員
自治会(町内会)の役員は,会員の総意に基づいて総会における決議などの民主的な方法によって選任されることが大切です。また,役員の任期は円滑な運営を図るうえで2年以上が望ましく,反面,長期間同じ人に固定すると自治会(町内会)活動が独善的・マンネリ化する等民主的な活動が妨げられることにもつながり、民主的に定年制等の導入もひとつの方法です。
9 財産管理
自治会(町内会)の所有する不動産については,従来,自治会(町内会)名義での登記はできませんでした。このため財産上の種々の問題も生じているため,これらの制約を除去しうる途を開くよう法律が改正されました。法の改正により,自治会(町内会)を地縁にもとづいて形成された団体「地縁による団体」(一定の地域に住所を有するつながりに基づいて組織されたもの)に定義づけられ,地縁による団体として市長の認可を受ければ,自治会(町内会)として登記が可能になりました。
財産の適正管理は,自治会(町内会)の民主的な運営にもつながります。

10 おわりに
以上,望ましい自治会(町内会)について,自治会(町内会)の意義,目的を一人ひとりが自分の問題として考え,豊かで住みよい民主的な明るい社会づくりのため,今一度見直し,連帯意識の中で心のふれあう自治会(町内会)となることを目指していただきたいと思います。


Page Top

自治会(町内会)?