京都市(洛中)

真如堂から金戒光明寺界隈
丸太町通りの北側、いわゆる黒谷にあります。

金戒光明寺下の駐車場に車を止め徒歩でまず金戒光明寺にお参りしましょう。
ここは、浄土真宗最初門で立派な本堂です。

徒歩でさらに北へ足を伸ばすと静かなたたずまいの『 真如堂 』があります。

この界隈は、京都らしさが残った非常にいいところだと思います。

御寺(みてら)『泉涌寺』とその森
東大路通り、東福寺から歩いて10分ほど行った交差点、バス停は、『泉涌寺道』
(角に銀行・花屋さんなどがあります)を右折すると、泉涌寺への道になります。

緩やかな坂を15分ほど登っていくと泉涌寺参道の入口になります。
サクサクと砂利を踏んで下がっていく感じがなんとも言えません。

本堂は、入口(拝観料納付所)から一望できます。
皇室との関係が深く御寺(みてら)と呼ばれる泉涌寺は、弘法大師が草庵を結ん
だのが始まりで、仏殿には運慶作という釈迦三尊像が安置され、天井には狩野
探幽が描いた龍の図が広がっている。

なんといってもここの圧巻は、砂利道の向こうに見える本堂とまわりを取り囲む
森との調和と言うのでしょうか、雰囲気とでもいえるのでしょうか、見下ろす形に
なりますから不思議な空間に来たような錯覚に陥ります。

ここから、西国巡礼第十五番札所の今熊野観音寺はすぐですから、ここも立ち寄
られたらいいでしょう。

知恩院から霊山観音への散策
三条通バス停でいえば「神宮道」から入ります。
まず知恩院に立ち寄りなんと言ってもあの大きな『 梵鐘 』を見ていきましょう。

知恩院から円山公園をぬけ、高台寺下に出ます。

その坂を登っていくと、高台寺にでます。高台寺で拝観するのもいいでしょう。

出て右手に進むと、霊山観音の白い大きな観音像が見えます。
高さ約24mのコンクリート製の白衣観音で、第二次世界大戦の戦没者慰霊の
ために昭和30年に開眼したそうです。
胎内には十二支の守り本尊が安置され、像の裏から参詣するようになっている。

それほど古いお寺ではないのですが、東山をバックにまるでタイ国にでも行った
ような異国情緒を感じさせます。
このルートは、少し長めですが、アップ・ダウンがそれほどなく、友達とおしゃべり
しながら散策するにはもってこいのルートだと思います。
霊山観音

弥勒のおわす『広隆寺』とその境内
京福電鉄嵐山線太秦のすぐそばにあります。

車や電車が行き交う通りに面しており、一歩入ると別世界が広がっています。
教科書等でおなじみの弥勒菩薩半伽思惟像(国宝第一号)は、展示館(霊宝殿)
の奥中央に展示されており、ほどよく照明もされていて、じっくりと時間をかけて
対面してみるのが良いでしょう。

昔から多くの人に愛されてきたこの仏像は、赤松の一木造りで、一部クスノキが
使われている。

ご覧のように、右手を軽くほおにあて、上半身をやや前かがみにし、左手は手の
ひらで軽く右足首を押さえています。
ちょうど物を考えているような思惟の姿です。

拝観後平日の秋、境内のモミジの木の下に佇んでみるのもよい。
広隆寺半跏像

常寂光寺から化野念仏寺への京風街道
嵐山・天龍寺の竹林の裏道を通ります。

山陰線の踏切りを越え、まず常寂光寺を訪ねます。
紅葉の季節は、ものすごい人出になりますから、このルートはこの時期を外すの
が良いでしょう。
すぐそばには、落柿舎がありますから立ち寄るのも良いでしょう。

どんどん北にすすみますが、道路沿いにはみやげ物店やら喫茶店やら、しかも
京都の町屋によくみられる黒塗りの柱に白壁の建物で、まさに京風の感じをか
もし出しています。

更に北に進んでいくと、終わりに化野念仏寺があります。
ここも、お盆をはずせば比較的ひっそりとしており独特の雰囲気を持っています。

ここのおすすめは、一連の道に京風の建物が立ち並び、みやげ物店などを覗き
ながらゆっくりとまわるには、とても良いコースです。

関西古寺巡礼 トップページ