(積載荷重)
 用途別一覧
建築基準法施行令第85条 建築物の各部の積載荷重は、 当該建築物の実況に応じて計算しなければならない。ただし、次の表に掲げる室の床の積載荷重については、 それぞれ以下の数値に床面積を乗じて計算することができる。(1〜9に該当)
室の種類 床計算用
(単位 N/m2)
大梁.柱.基礎
(単位 N/m2)
地震力用
(単位 N/m2)
1 住宅の居室.住宅以外の建築物の寝室又は病室 1800 1300 600
1 事務室 2900 1800 800
1 教室 2300 2100 1100
1 百貨店.店舗の売場 2900 2400 1300
1 劇場.映画館.園芸場. 観覧場.公会堂.集会場その他これらに類する用途に供する建築物の客席又は集会室 固定席 2900 2600 1600
その他 3500 3200 2100
1 自動車車庫及び通路 5400 3900 2000
1 廊下.玄関又は階段 3.から5.までの掲げる室に連絡するものにあっては5.の 「その他の場合」の数値による。
1 屋上広場又はバルコニー 1.の数値による。但し学校または百貨店の用途に供する 建築物にあっては4.の数値による。
1 倉庫業を営む倉庫 3900以上 *1(80%)(75%) *1(65%)(50%)
10 2 屋上(通常人が使用しない)(作業荷重) 1000 600 400
11 2 屋上S造体育館(武道館等) 1000 600 400
12 2 法務局登記書庫(8段) 6000 5000 4000
13 2,6 一般書庫・倉庫(満載の書庫) 7800 6900 4900
14 2,(6) 可動書架(2段床式書庫)・電算空調室及び用具庫 (※)11800 (※)10300 (※)7400
15 2 一般実験室(化学系) 4000 2400 1600
16 2 一般実験室(物理系) 5000 4000 2500
17 2,6 電算室 4900 2400 1300
18 2 電話交換室機械室 10000 6400 4000
19 2 電話交換室交換台室機械室 12000 10500 7500
20 2,6 *2機械室、電気室 ※4900 ※2400 ※1300
21 2 体育館・武道場 3600 3300 2100
22 2 研究室(但し実状考慮) 3000 1800 800
23 3 喫茶店・バー等(事務所用) 2900 1800 800
24 3 研究室・友禅工場等(事務所用) 2900 1800 800
25 2 書庫 床に段を設けない 5400 4500 4000
2段床式 9800 8900 7900
26 3 将来用途変更が予想される(集会等特別な場合を除く) 3000 2500 1500
27 4 乗用車専用車庫 4000 3000 1500
28 5 小中高校以外の教室 2900 2100 1100
29 5 小中高校の一般教室・管理室・便所 2900 2100 1100
30 5 小中高校の特別教室・固定席の講堂 2900 2600 1600
31 5 小中高校の体育館格技場・可動席の講堂 3500 3200 2100
32 6 講義室(教室を含む)、演習室 ※2900 2100 1100
33 6 研究室、事務室、会議室 ※3900 ※2100 ※1100
34 6 *2実験室、準備室、病院の診療室、検査室 ※3900 ※2600 ※1600
35 6 大会議室、大集会室、講堂 固定席 2900 2600 1600
その他 3500 3200 2100
37 6 体育館・武道場 ※3500 ※3200 ※2100
38 6 図書閲覧室 ※5900 ※5400 ※4900
39 6 食堂、厨房、売店 2900 2400 1300
40 6 寮室、宿泊室、病室、洗面所、便所 1800 1300 600
41 6 廊下、階段(玄関ホール、ロビーを含む) 寄宿舎、病棟 ※2900 ※1800 ※800
その他 3500 3200 2100
42 6 屋上(歩行用) 寄宿舎、病棟 1800 1300 600
その他 2900 2400 1300
43 6 屋上(非歩行用) S造体育館、武道場 ※490(0) ※300(0) ※200
その他 ※980 ※600 ※400
44 6 片持ち形式の庇 ※1800 ※1300 ※600
45 7 S造片持ち形式の庇 980
46 8 屋上  一般歩行用 1800 1300 600
学校、百貨店 2900 2400 1300
非歩行 980 600 400
鉄骨体育館、武道場等(短期荷重) 980
47 8 事務室、会議室、食堂 2900 1800 800
48 8 研究室 ※2900 ※1800 ※800
49 9 教育施設  教室、特別教室、特別活動室、保育室 2900 2100 1100
多目的スペース、オープンスペース 2900 2100 1100
図書室 5900 5400 4900
校長室、職員室、放送室、更衣室 2900 1800 800
教材室 7800 6900 4900
給食室 4900 2400 1300
体育館(アリーナ、舞台) 3500 3200 2100
体育館(キャットウオーク、メンテナンス) 980 600 400
プール、プールサイド 2300 2100 1100
歩行用の屋根、バルコニー 2900 2400 1300

 柱.基礎の垂直荷重による圧縮力を計算する場合 5を除き支える床の数nに応じて 次の数値まで低減できる
    n=2:0.95  n=3:0.9  n=4:0.85  n=5:0.8  n=6:0.75  n=7:0.7  n=8:0.65  n=9以上:0.6


  1 法第85条の内容はNO1.〜9. その他は以下の参考文献による
  2 建築構造設計基準及び同解説平成9年版(公共建築協会)
  3 行政から見た建築構造設計(上野嘉久著:建築知識)による
  4 建築土木構造マニュアル(理工図書)による
  5 静岡県構造設計指針(静岡県設計事務所協会)
  6 建築構造設計指針 (文部科学省大臣官房文教施設企画部 平成21年版),※使用実態配慮の割り増し
  7 別添資料4-1-2建築:床荷重凡例表 (国土交通省 関東地方整備局)
  8 建築構造設計基準の資料 平成27年版(国土交通省官庁営繕部)
  9 建築構造設計基準平成28年3月(川崎市まちづくり局施設整備部)

  *1 倉庫業の積載荷重は100-80-65%(重量物)の比率に当てはめながら実状に応じて決定
  *2 表の積載荷重を超える場合は実状に応じて決定


  ◎ 衝撃荷重 モーターにより動く機械1.2 ピストンによって動く機械1.5 (文部科学省 建築構造設計指針)


  ◎ 大型車両の床版設計用荷重 (国土交通省 建築構造設計基準の資料平成27年度版)
                               想定車諸元
    バス  (乗車員数30人以上)  7000N/u  9.0〜12m×2.5m 9.5〜16t
    トラック(最大積載委7t以下)  7500N/u  4.5〜8.4×1.7〜2.5m 2.5〜9.7t
    トラック(最大積載7t超)    10500N/u  8.5〜12m×2.3〜2.5m 12〜25m
    はしご付き消防自動車      9500N/u  9.5m×2.5m 17.2t


  ◎ 地下埋設物及び地下工作物を設計する場合の地表面載荷重 (国土交通省 建築構造設計基準の資料)

    設計時において地表面載荷の値が不明な場合
      (車が通過しない場合)4.9kN/m2
      (車が通過する場合) 9.8kN/m2
    地下外壁及び擁壁の土圧を算定する場合に考慮する地表面載荷については、この項の規定を準用する。




 topに戻る