レーザーライトの使い方

ボタンを押せば光ります。

連続して使うときはボタンをゴムで押さえます。

                 
電池のプラス、マイナスを間違えると壊れる場合がありますのでご注意ください。
電池は単4電池2本で1時間100mw位消費するので蓄電池の650mwだと6時間位使えます。


どのように使うのか

体の押さえて痛い部分の肌に直接あててください。
レーザー光を拡散させているので横でも縦でも好きな方向でお使いください。
光なのであてるだけで押さえる必要はありません。
深いコリの場合先を固い部分に当てて200−500gの力で抑えると5−10分位で筋肉が柔らかくなり奥に入ってい行きます。
コリと痛みが取れれば終了です。

レーザー光には

血流を良くする作用沈痛作用創傷治癒促進効果

骨折治癒促進効果神経損傷の回復効果生理活性物質の促進免疫機能増進 

などの効果があると言われていますが詳しいメカニズムは解明されていません。

レーザーライトをコリコリになった部分の肌に直接10分位あてておけばレーザー光が浸透して血行が良くなり緩んでいきます。

熱もなく長めに当てても何も問題ありませんので緩まない場合は緩むまで当てておいてください。

サポーターなどで固定して使えば何かしながら緩めることができます。枕や寝具に置いて寝るときに使っても効果的です。

肩こり、腰痛、緊張性頭痛、筋肉痛、膝や関節痛、などにお試しください。


注意事項!!(よく読んでご使用ください)
(エボルタのアルカリ電池を使った方が10分で壊れたと言って来られました。電流が
高く熱崩壊したのだと思います。マンガン電池か550mw−650mwのエネループ蓄電池をお使いください。)
(電池のプラス、マイナスを間違えないように、ご注意ください。)
(防水ではありませんので濡らさないように汗などにもご注意ください。)
(液漏れは故障の原因になるので国内メーカーの電池を使うようにしてください。)
(レーザー光を拡散させているの見ても問題ないと思いますが、なるべく
直接、見ないようにしてください)