ファッションの仕事には夢があります。創りたいものをイメージし、デザインし、パターンをつくり布を選ぶ。そして裁断、縫製など仕上げまでにはさまざまなプロセスが必要です。
 これらのプロセスには、胸おどるよろこび、楽しみがあります。
 本校の教育目標は、ものづくりのすばらしさと感動を体感し、柔軟な創作活動をとおして心豊かな人間形成を図ることです。
 また、本校の高等課程の特色としては、科学技術学園高等学校との連携により高等学校の卒業資格が取得できることです。 知識を得る普通科目の勉学のほかに、教養を高める漢字検定、実社会で有用なパソコンのワード、エクセル、文書デザイン等の各種資格取得に力を入れております。
 卒業後は、専門学校、短大、大学へ多数進学しております。少人数制による「きめ細やかな」指導のもと、きくの学園の生徒たちはのびやかに成長しております。
   技能連携校   科学技術学園高等学校

 科学技術学園高等学校は、昭和39年に開校した、全国47都道府県を教育実施区域とする広域のあ通信制高等学校です。
 すでに、11万人余の卒業生を世に送り出しております。
特に開校以来、本校設立の趣旨である技能連携教育を推進、充実させ、その業績によって現在では我が国を代表する通信制高校としての評価を得ております。
 この技能連携制度を利用し、きくの学園に在籍しながら本校にも入学することによりきくの学園で修得した専門科目を本校の科目として単位を認定することができます。
 普通科目については、通信制高校の学習手法であるスクーリング(授業)・レポート・テストを受けることによって単位を修得します。きくの学園で3年間学習することにより無理なく〈科学技術学園高等学校〉の卒業資格を得ることができます。
 自分にあった学校探しをしている皆さん、きくの学園で専門的な技能・知識を修得するとともに高校卒業資格を取得し未来へチャレンジしてみませんか。
昭和31年2月   菊野洋裁学院として広島県より認可
昭和48年3月   日本洋裁検定技術協会加盟登録校
           となる
昭和51年8月   専修学校専門課程認可
昭和55年3月   細野服装学院 立体裁断高等インスト                     ラクター指定校
昭和61年12月  専修学校高等課程認可
昭和62年7月   文化服装学院連鎖講として認可
平成5年4月    菊野学園ファッション教育専門学校と
           校名変更
平成5年4月    科学技術学園高等学校と技能連携
平成6年10月   初代校長 産業教育功労賞 受賞
平成9年5月    初代校長 勲五等瑞宝章 叙勲
平成12年4月   学校法人鶴学園デネブ高等学校と
           技能連携
平成20年4月   専門学校きくのファッションデザイン
           カレッジ と校名変更
平成20年4月   科学技術学園高等学校と技能連携再開
           

〒731−5116
広島市佐伯区八幡 1−14−3      
   TEL:(082)928−0413      

専門学校きくのファッションデザインカレッジ                           

                        高等課程                  

地図
メールアイコン
縫い目
沿革

  
 



はじめに