広島市のかき

広島湾北部海域のかき養殖漁場

広島市のかきは、主に広島湾北部海域の広島市沿岸漁場(点線内)で収獲されています。

この海域は、緑豊かな太田川から供給される栄養分のおかげで、かきの餌となる植物プランクトンがたくさん発生するため、かきは大きく育ち、グリコーゲンを初めとしたうまみをその体一杯に蓄えます。

また、広島湾は袋状の地形なので、波が静かでかきを養殖する筏を設置するのに都合が良いのです。

日本のかき生産量は年間3万トン前後で、そのうち広島県の生産量が約2万トン近くを占めており、広島市の生産量は約4千トンです。

かき養殖の作業

かき養殖は重労働です。養殖に使う赤ちゃんかき(種苗)を海で集める「採苗」、採苗した種苗を鍛える「抑制」、種苗を養殖のための針金に通し直して筏養殖を開始するための「通し換え」、養殖する水深を調節して他の生物が付着するのを防ぐ「深吊り」と「手上げ」、季節の海況に応じた養殖漁場の移動など、たくさんの行程を経て収穫されます。

収穫されたかきは一晩清浄海水できれいに浄化された後、ひとつひとつ丁寧にむき身され、大小の選別をされて出荷されます。