ActiveJ球団史
ActiveJにも歴史があります・・・

1997 〜98 ActiveJの前身は「とある会社」のレクリエーションの一環で社員20名弱で
紅白戦中心に活動する。年に5〜6回程度の試合
1999 3月〜 この年も相変わらず、紅白戦の日々
7月 岡野の「ユニフォームを作ろう」の声にも反応悪し。あっさり立ち消え・・・
10月 試合を組むも人数が揃わず中止になる この年も数回程度の試合
2000 4月 2000シーズン開幕
この年も紅白戦 しかし、試合の度に参加人数が減ってくる 存続の危機へ
7月 紅白戦の飽きと人数減により、社内での紅白戦は不可能に
10月 現チーム幹部である、中上・岡野で今後の活動方針について話し合う。
結果、来年からはチームを一本化し、対外試合をやることに決定
2001 3月20日 チーム名をActiveJ Baseball Teamに決定 球団事務所を東広島市西条中央に置き、本拠地を佐伯町総合スポーツ公園野球場にする(無許可)
3月20日 2001シーズン開幕 今季の初試合(紅白戦) しかし、メンバー不足・・・
5月初旬 岡野が二度目の「ユニフォームを作ろう」発言 今度はみんな快諾?し
13名で作製をすることに
6月9日 AJ初の対外試合 対アグレス戦  結果、敗戦に終わる
7月3日 インターネットHP「草野球の広場」に対戦募集を掲載する
7月初旬 念願のユニフォーム完成
10月14日 創部後初勝利を上げる。  対 EYE’s戦    瀬野公園野球場で
11月1日 球団事務所を東広島市西条中央から広島市西区庚午北へ移転
12月2日 2001シーズン終了 対外試合成績1勝8敗2分に終わる
2002 2月 AJの仮HP完成 
3月17日 2002シーズン開幕 しかし開幕から4連敗
4月 岡野が新リーグ構想を提案し、6チームが賛同。後のOysterLeagueとなる
4月1日 HP大幅リユーアル URL:http://www18.0038.net/~activej
4月14日 歴史的大敗 対バブルス戦2−20
7月 慢性的な参加メンバー不足から、ついに外部からの選手募集を行なう。
その甲斐あって、二名の入団が決定
7月28日 AJ主催の私設リーグOysterLeagueが6チームで開催 
8月17日 新メンバー一名の加入
8月25日 市民球場の使用抽選に初参加 しかし落選
9月初 主力メンバーの有本が転勤の為 チームを長期離脱
9月22日 新メンバー一名の加入
9月29日 チーム初スタンドまで飛んだHR! 土師ダムグランドにて
10月11日 AJ携帯HPオープン URL:http://www18.0038.net/~activej/i
10月26日 HP訪問者数5000人到達
11月3日 新メンバー二名の加入
12月8日 リーグ戦最終戦  AJは3勝7敗の5位
12月15日 2002シーズン終了 年間39試合を戦う 成績は15勝23敗1分
2003 1月 今季の戦力補強を行なう  新たに三名の加入
メンバーが24人となる(しかし、大半が幽霊部員・・・)
2月19日 正式名称を「ActiveJ Baseball Club」に変更
2月23日 2003シーズン開幕
3月9日 第二回OysterLeague開幕 7チームの参加
5月3日 広島市民球場で試合を行なう  対 K’s戦・パンジーズ戦
5月25日 初のFA権行使による退団選手が出る 
7月2日 HP開設し1年3ヶ月目で10,000人到達
7月6日 AJスタジアム(仮称)建設に向け初作業
8月3日 新メンバー二名の加入 部員25名となる
9月14-15日 初の県外遠征試合(岡山県玉野市) 対NAGAO戦・P-Nuts戦
10月19日 新メンバー一名の加入 部員26名となる
10月19日 AJスタジアム完成 完成記念試合相手は たまごクラブ戦
10月20日 部員二名を自由契約とし、部員総勢24名
11月12日 球団事務所を広島市西区庚午北から広島市西区庚午中へ移転
11月30日 第二回OysterLeague終了 AJは5勝6敗1分の3位
12月14日 2003シーズン終了年間46試合を戦う 成績は20勝24敗2分

PARTU PARTV PARTW  PARTX PARTY