本文へスキップ

(社)広島県医薬品登録販売者協会のホームページです

Tel&Fax 082-243-6050

〒730-0051 広島県広島市中区大手町3-9-10 内田ビル2F

登録販売者の皆さまへ

登録販売者の皆さまへお知らせ

一般社団法人 広島県医薬品登録販売者協会のホームページにお越しいただき有難うございます。

当協会は、昭和26年5月 広島県薬種商協会として発足しました。
昭和56年に社団法人広島県薬種商協会として県知事の認可を受け、薬事法の改正により社団法人広島県医薬品登録販売者協会へと名称変更を経て、平成26年7月1日付けで法人登記を終え、一般社団法人広島県医薬品登録販売者協会となり、現在まで活動をしております。
協会設立以来、薬種商の受験講習会・毒物劇物取扱者(一般)試験準備講習会を実施、薬種商の後継者の育成・生涯学習研修や全国統一研修会を行い、薬種商の職能の拡大や資質の向上の為研鑽に励んできた経験豊かな協会です。
平成24年6月の改正薬事法の完全実施に伴い、当協会は広島県に於ける「登録販売者の資質向上のための研修」の実施機関です。
これからも、受講される皆様方に、より一層知識習得のためお手伝いをさせていただきます。 登録販売者の皆様、当協会の沿革について述べましたが、平成21年、薬種商を含め一般用医薬品販売の専門家としての登録販売者が誕生しました。
新しく誕生した一般用医薬品販売の専門家の育成の為、「登録販売者の資質の向上の為の外部研修に関するガイドライン」が、平成24年3月26日発出され、4月1日から適用されました。 当協会の行う外部研修は、公益社団法人全日本医薬品登録販売者協会の、「登録販売者の資質の向上の為のガイドラインを満たしたカリキュラムに則り実施しており、2年をワンクールとし、何時でもスタート出来、研修手帳を持って他県(要会費)でも受講出来ます。
一般用医薬品の添付文書には、相談する相手として、医師・薬剤師に加え登録販売者が記載されておりますので、応える事が求められます。
薬局開設者並びに店舗販売業者の皆様、御社の登録販売者の外部研修は、研修経験と内容豊かな当協会の外部研修を受講させて頂く様にお願い致します。
自営の方は勿論の事、登録販売者個人の方も、自己研鑽に励み、自信を持って仕事が出来る様当協会の外部研修に参加してください。
受講終了者には、研修手帳に受講済印を押印して受講の証としております。 平成20年以降登録販売者の試験に合格した登録販売者のみなさんは、県下で3000人に達しており、平成27年度の試験から、実務経験と言う条件が撤廃され、年々行われる登録販売者試験で合格者が増え続けることになります。試験合格後、また、合格前から研修により実力を着ける事がますます求められます
当協会は、登録販売者が自由に入会出来る、登録販売者の為の団体です、入会希望の方は、お気軽にご相談下さい。

会長挨拶

工事中


登録販売者の皆様へ

厚生労働省後援平成27年度生涯学習研修会のご案内


平成24年6月より改正薬事法の完全実施に伴い、
平成24年3月26日厚生労働省より「登録販売者の資質の向上のための外部研修に関するガイドライン」の通達がありました。
【主な内容】
●一般用医薬品販売業者等(薬局開設者・店舗販売業及び配置販売業者等)はそこに従事するすべての登録販売者に外部研修を受講させること。       
●その講習は外部研修であり、毎年 計12時間以上であること。       
●一般用医薬品販売業者は、登録販売者が研修を受けたことを修了証書で確認し記録保存すること。    ●これらを実施しなければ、行政より注意や指導を受けることがあります。
●全薬協並びに当協会が外部研修実施機関として届け出を行いました。

よって第1回の研修会を別記の通り実施いたします。
受講者には、研修手帳に受講印を押し、研修の実績を認定します。
今後は受講しているか否かを厳しくチェックされます。
必ず全員受講して下さい。
本研修の実施につきましては、厚生労働省(通知)の主旨で集合研修を基本としている他、協会本部(公益社団法人全日本医薬品登録販売者協会)の方針で、全県の協会が実施しているところです。
本来のガイドラインに沿った集合研修にできる限り参加していただくこととしたうえで、都合により欠席される方には、前年度同様に通信研修として(DVD)を購入(2,000円)していただきます。
なお、受講料について今年度より会員・非会員ともに一部値上げさせていただきたいと思います。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
平成27年5月12日付で、広島県薬務課より平成26年度医薬品販売制度実態把握調査結果(一般に覆面調査といわれている)が通知されました。  
全国的に法不遵守の薬局・店舗が多く認められるなど、平成26年6月12日に施行された改正法への対応が必ずしも十分ではないことが明らかになりました。  
さらに、広島県においては、上記に加えて医薬品のリスク区分ごとの陳列(表示)、名札 等による従事者の区別等々多くの項目で全国平均を下回っているという結果でした。
平成26年度に施行された新たな医薬品販売制度について、より一層制度の遵守徹底を図るよう通知されましたので、お知らせします。  



受講申込書類

受講申込書類は、郵送して下さい。FAXでは受付できません。
封筒には申込書在中と朱記して下さい。
なお、受理した申込書類は返還いたしませんので、ご了承願います。
申込後の変更・キャンセルはできませんので、慎重にお願いします。

申込書送付先
〒730-0051
広島県広島市中区大手町3丁目9番10号 内田ビル2階
社団法人 広島県医薬品登録販売者協会
 TEL・FAX (082)243-6050


※受講料
前記(3)別表の受講料を下記口座に振り込んで下さい。
請求書・領収書の発行は致しませんので、ご了承ください。

振込先
銀行名  広島銀行 大手町支店
預金種別 普通預金
口座番号 3264131
口座名  社団法人 広島県医薬品登録販売者協会 

※振込書のコピーは、必ず申込書に添付して下さい
当協会としても前年度に引続いての取組で、いたらないところも多々あることと思います。
問題点は、当協会の定める所によって改善して行きますので、よろしくお願いいたします。
また、講習者が多く会場に入れない場合は、別途考えます。



外部研修申込書

役員名簿

工事中